山の辺の道 The ancient road Yamanobe

 

日本書紀にも記されている最古の道「山の辺の道」は、最古の神社大神神社の御神体三輪山から石上布留(天理市の石上神宮周辺)を通って奈良(奈良市)へと通じています。奈良盆地の東の端を沿って行くこの道はいくつもの古墳や神社を通る神聖な巡礼路のような雰囲気に包まれています。
ウォーキングには最適な今の季節に、日本の歴史をたどるウォーキングに出かけてみませんか。
map

The oldest road, which is also described in Nihonshoki “Yamanobeno-michi”, connects to Nara (Nara City) through Isonokami Furu(Around Isonokami-jingu Shrine in Tenri City) from the oldest shrine Omiwa-jinja Shrine. This road along the east edge of the Nara Basin is surrounded by a sacred pilgrimage route through several tumuli and shrines.
would you like to go out to walk around Japan’s history in the right season for walking?

31253089_799520146904618_1766865617618468864_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中